冠婚葬祭 受付

ビル

冠婚葬祭における受付の役割について

冠婚葬祭のイベントをおこなう人と親しい間柄であった場合には、受付の役割を頼まれることがあるかと思います。
もし依頼をされた場合には、基本的にはつつしんでお受けするのが礼儀となります。
しかし、受付の役割をはじめてする場合にはやり方がわからなかったり、流れがうまくつかめなかったりと不安になることもあります。
ですが、ポイントを抑えてこなせれば、決して難しいものではありません。
例えば、結婚式の場合の基本的な受付の役割としては、来場された方を迎え入れて、名前と住所などを確認しご祝儀をお預かりするといった流れになります。
来場された方にしっかりと気を配って、確認するべきことをしっかりと記録すれば大丈夫です。
しかし、時間帯によっては混雑する場合もありますので、慌てずに落ち着くことが大切です。
大体式の開始の15分位前の時間帯が一番混むことになるかと思います。
式が始まる頃には、役割は一段落しているかと思います。

関連情報一覧

冠婚葬祭の受付についての心得

結婚式の受付について

冠婚葬祭における受付人の選定について

冠婚葬祭における受付の役割について